TOP

初めて風俗へ行った時の衝撃は忘れられません。それからというもの、月一で風俗へ通っている自分の体験談を紹介します。

風俗によって自分が変わるんです


自分はSかMかって言われたらどちらかと言えばSなのかもしれないですけど、でも風俗で言えば女の子次第です。だってせっかくなんですから女の子の特技を味わいたいじゃないですか。攻めるのが得意な子が相手ならこっちは受け身になりますし、受けるのが好きって子は攻めるようにしています。女の子の長所をしっかりと味わいたいですからね。それにやっぱり長所っていうか、攻めるのが好きって子はさすがに上手ですからね。こちらへの攻撃も慣れていますし、受けるのが好きな子っていうのは声の出し方とかも素晴らしいですからね。だから風俗でも適材適所というか、女の子の特技に合わせていろいろと楽しむ方が良いよなって事を実感しつつあるんですよね。ちょっとした事なのかもしれないですけど、それを意識するだけで自分の心意気のようなものが全然違ってくるんですよ。受け身な子を攻めている時と攻められるのが得意な子に攻められている時は言い知れぬ快感に襲われますしね!

そういえば、先日ちょうど良い感じのM女を兵庫県神戸エリアのデリヘルで見つけました。KOBE DESIREというデリヘル店なんですが、相性が抜群でした。ソフトなS男性にはお勧めです。


風俗は楽しむ心が重要なんじゃないかな。


風俗を楽しめるかどうかって、女の子の質とかサービスの内容とかではないと思います。もちろんそういった要因も重要ですが、僕的には使う人の心が重要なのかなと思いますよ。先日はとてもテンションが高かったので、風俗を使わせてもらったんです。そこで出会った女の子は、正直可愛いとは言える子ではなかったです。でも、テンションが高かったということもあり、普通にめちゃくちゃ楽しむことができました。もともと風俗って心持ち次第だなってことです。テンションが低い時に使っても、結局は美人が来ても楽しめません。テンションが高かったら、誰が来ても楽しめるはずです。よく落ち込んだ時とかに使うって人もいるけれど、それだと楽しめないこともあります。それなら、気分が良い時に使った方が全然良いんじゃないかなと思う訳です。僕は少なくとも、たっぷりと楽しい時間を過ごせると思っているから、テンションが高い時に使っていきますよ。元気があればなんでも楽しい。


仕事終わりに風俗へ行ったぞ!


仕事終わりに飲みに行って風俗の話で盛り上がったので、このまま帰ることができずに、同僚と別れた後に風俗店へ電話します。待ち合わせ場所には20分ほどで来てくれたのですが、ミニスカートがとても似合う綺麗な脚をした風俗嬢でした。顔は普通でしたが、脚は細くて綺麗だし、胸もそこそこのボリュームだったんです。「今日は当たりだね」と息子に語りながらホテルへ向かいます。到着してから一緒に服を脱がせ合いしてシャワーで汗を流します。脚は綺麗でしたが、おしりが垂れているのが少し残念でしたね。会話しながら息子を丁寧に洗ってもらい、たっぷりの泡で手コキしてもらいます。あまりにも早くピークを迎えたのでストップをかけて、ベッドへ移動します。私は全身リップが好きなので、お願いしたのですがテクニックはイマイチでした。その後、手コキをしながら乳首を舐めてもらったのですが、我慢できずにフィニッシュです。復活を待つ間、風俗嬢の股間に手を伸ばします。毛をかき分けながらクリを触ると、気持ちよさそうに昇天しました。残念ながら復活することなくタイムアウトです。